つらい便秘をスッキリと解消するコツを掲載。毎日を腸元気に過ごすための健康情報ブログです。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | author : スポンサードリンク
    - | - | - |
    腹筋を鍛えて便秘を治す
    0
       腹筋を鍛えるのは比較的便秘に即効性のある方法です。

      腹筋が鍛えられることで腸の働きが良くなり、またトイレで力む時に腹圧もかけやすくなるので特に筋力が弱いことの多い女性や高齢者などは腹筋を鍛えることで便秘解消効果を期待できます。

      今回は腹筋を鍛える簡単な方法を、いくつか紹介します。

      1.足上げ運動[沼を伸ばして座り、両手を後ろにつく。
      2.両足をそろえて伸ばしたまま、床から30〜50造曚瓢ち上げる。
      3.2の状態で10秒静止したら、元に戻る。
      *これを3〜4セット繰り返す。

      カラダひねり運動
      1.足を肩幅ぐらいに開いて立つ。
      2.左手を前に倒し、右足のつま先にタッチする。右手は、上に伸ばす。
      3.上体を元に戻し、腰に手を当てて、大きく後ろが見えるくらい反らす。
      4.上体を元に戻し、△瞭阿を、左右の手をかえて行う。
      *これを3セット繰り返す。

      文だけでは、伝わりにくいですが、ラジオ体操に似たような動きのものがありましたよ。

      ひざかかえ上体起こし運動
      1.床に両足を伸ばして座り、手を前方に伸ばして、背中を丸めるように上体を前に倒し、5秒静止。これを、3回繰り返す。
      2.床に仰向けになり、両手でひざをかかえ、息を吐き出しながら胸に両ひざを引き寄せる。
      3.2の姿勢から反動をつけてカラダを起こす。
      *これを3セット繰り返す。

      おしりたたき運動
      1.床にうつぶせになり、手を顔の下に置いて、足を伸ばす。
      2.かかとが、おしりにつくように、左右の足を交互に20〜30回曲げる。このとき、ムリにおしりにつかなくてもよい。
      *これを3〜4セット繰り返す

      文章だけでは、分かりづらいところもありますが、イメージしながら、ゆっくり行なってみて下さい。くれぐれも無理はしないように。
       
      便秘解消法 | 07:04 | author : nakatada
      comments(0) | - | - |
      果物で便秘を解消
      0
         果物は昔から便秘にいい食品といわれてきました。

        その理由として4つの点があげられます。

        1.食物繊維を多く含んでいるため便の量が増えてやわらかさも保たれます。
        2.水分を多く含んでいるので水分補給の効果があります。
        3.果物に豊富に含まれる有機酸には、腸を刺激してぜん動運動を活発にする作用があります。ぜん動運動が活発になることで腸の内容物は出口へと送り出されていきます。
        4.果物に含まれる果糖は、大腸に刺激を与えて便通をよくする働きがあります。また水分を引き込む作用があるため便がやわらかくなります。

        リンゴは便秘にも効果がありますが、便を固める効果もあり、下痢にもいいそうです。

        赤ちゃんが便秘のときなどは、柑橘系の果物の果実や果汁を与えることが多いようです。ただし、まだ果物など与えられない新生児の場合は、白湯で水分を補給する程度にとどめておきましょう。新生児の便秘で白湯を与えることについて

        またプルーンのエキスやジュースなども便秘解消のために飲む人が多いようです。

        ただ果物も糖分が含まれていますから、便秘にいいからといって食べ過ぎると今度は肥満になってしまうこともあります。

        便秘のときも果物だけで改善しようとするのではなく、食事とあわせて栄養バランスを考えながら摂取することが大切のようです。

        野菜タップリの料理を食べた後のデザートとして果物を食べたり、朝食でフルーツヨーグルトにして食べるなどはお勧めです。
        便秘の基本 | 06:33 | author : nakatada
        comments(0) | - | - |
        どうもスッキリしないのはなぜ?
        0
           昔から健康の3つの柱として、快食・快眠・快便といわれますが、便秘ではないけど快便でもない、排便してもどうもスッキリしないと感じる人も多いようです。

          実はこのような状態は便秘の一種である疑いがあります。

          特に直腸性便秘という便秘のタイプでは、肛門の近くの直腸という部分に便がたまりやすくなり、しかも長くとどまるので水分が吸収されて硬くなってしまいます。

          そのために出口まで来ているのに出にくく、スッキリと完全に出てしまわないために何だか残便感があるという状態になってしまうのです。

          ですから、便が出れば便秘ではないのかというとそうではなく、「スッキリと完全に便が出ているかどうか」という点も考える必要があります。

          スッキリできていない、つまり快便でないとしたら、やはり健康面で改善の余地があるかもしれません。

          直腸性便秘は便意を我慢することで起きる事が多いようです。

          便意という排便のシグナルと実際の排便のタイミングにズレが生じているために、直腸に便が不自然なかたちでたまってしまうのです。

          例えば、朝自宅で便意を感じたものの時間がないので我慢して通勤し、昼ごろになって会社のトイレに駆け込むというようなことが続くと、便が完全に出きらないということが生じるかもしれません。

          朝少し早く起床するなどしてトイレを我慢しないでよい生活習慣をつくりましょう。

           



          便秘の基本 | 09:07 | author : nakatada
          comments(0) | - | - |
          便秘になる人とならない人の違い
          0
             便秘になる人‥ならない人‥その違いってなんなんでしょうね。

            便秘の原因になるもの‥いろいろあると思いますが、では逆に便秘にならないために必要なものっていったい何なのでしょうか?

            それこそ、いろいろあると思いますが、3つだけ考えましょう。

            便秘にならないために必要なもの…それは水分です。

            口から入った食べ物が、ウンチとなって出てくるまでには、栄養素とともにかなりの水分も、吸収されてしまうからです。

            くわえて、大腸に(必要以上に)長時間とどまったウンチは、どんどん固くなっていきます。

            ですから、水分をたっぷり摂ることを心がけましょう。

            便秘にならないために必要なもの…それは食物繊維です。

            食物繊維は、消化吸収されない成分のため、そのまま大腸に送られて、ウンチの材料になります。

            食物繊維は、吸水、保水能力にすぐれていますので、水分をたっぷり吸収してふくらみ、ウンチをやわらかくし、量を増やしてくれます。

            ウンチの量が増えると、大腸が刺激されて、ウンチが出やすくなります。

            便秘にならないために必要なもの…それは適度な運動です。

            運動を全くしないのに、すこぶる調子がいいと言う人は、あまりいないはずです。

            運動をしないと、体力が低下し、血液の循環や新陳代謝も鈍くなります。

            当然、ウンチを移動させる役目をする、腸のぜんどう運動も起きにくくなります。

            また、腹筋が弱くなると、便を押し出す力も弱くなって、ウンチをだしてあげられなくなってしまいます。

            まいにちの生活ですこしだけ意識して、これら3つのものをとり入れていけば、便秘の悩みから解消される日は、そう遠くないかもしれませんよ。


            便秘の基本 | 18:13 | author : nakatada
            comments(0) | - | - |
            便秘の人は多い?少ない?
            0
               全国では便秘に悩む人が660万人もいるようです。(厚生労働省の調査結果)

              多いと思いますか?少ないと思いますか?

              どちらにしても、便秘は昔の人に少なくて現代になって増えてきたということは確実のようです。

              これというのも世の中が便秘になりすぎたことに原因があります。

              車などの交通機関の発達によって、現代人は一昔前の人よりも歩かなくなりました。

              運動不足というのは、筋力を弱めることになり、排便の力を衰えさせるために便秘の原因になりやすいのです。

              また、コンビニなどですぐに食料を買えるので食事も不規則になりがちで、排便に欠かせない食物繊維も不足しがちです。

              そのような生活がずっと続くと、便秘にならないほうが不思議です。

              こんな便利な社会になったからこそ、自分の健康をきちんと管理する人とそうでない人との差は大きく開いていっているのだと思います。

              便秘は少しの努力で改善できるものです。

              しかし、便秘が一因となって引き起こされる大腸がんやその他の生活習慣病はそう簡単に治せるものではありません。

              まだ便秘ですんでいるうちに早めに対処したいものです。

              下剤では便を排出できても便秘を治すことはできません。

              本当の健康を取り戻すためにも、薬に頼らない生活を送れるよう努力しましょう。


              便秘の現状 | 15:54 | author : nakatada
              comments(0) | - | - |
              便秘のときにカップラーメンやコーラはいいのか
              0
                 妊娠で便秘になっているときは、食事に気をつけなければいけないというのはよく分かっていることですが、ついつい簡単に済ませたり、食べたいものを食べしまいがちです。

                では、カップラーメンや炭酸飲料などはやはり便秘にはよくないのでしょうか?

                まずカップラーメンやその他のインスタント系の食品ですが、問題は食物繊維がほとんど含まれていないことにあります。

                成分のほとんどは糖類とデンプンですから、ビタミンも食物繊維も必要量を不足しており、このようなものばかりを食べていると明らかに便秘は悪化します。

                コンビニなどでよく買い物をするために、インスタント食品が多くなりがちの場合は、それらと一緒に出来合いの惣菜で野菜の多く含まれたものをあわせて買うとよいでしょう。

                インスタント食品だけを食べるよりも、それに少しの手を加えるだけでもかなり違ってきます。

                カップラーメンには乾燥ワカメや缶詰のコーンをのせたりすることもできます。

                一方、コーラなどの炭酸飲料ですが、これらについては逆に便秘改善に役立つ場合があります。

                炭酸飲料の冷たさと炭酸ガスが胃を刺激するので、胃・大腸反射という作用を促し、腸のぜん動運動が活発になることがあるのです。

                しかし、やはり飲みすぎはよくありません。

                食事があまり食べられなくなり、便のもととなるものが不足したり、糖分のとりすぎで栄養バランスも悪くなります。

                ここぞという時に活用するとよいのではないでしょうか。



                便秘の基本 | 17:20 | author : nakatada
                comments(0) | - | - |
                便意を取り戻す方法
                0
                   便意を我慢しているとだんだんと便意を感じにくくなってしまいます。

                  その結果、直腸性便秘といって便がたまって便秘になってしまうのです。

                  便意を感じにくくなっている時に、それを取り戻すカギは朝の習慣にあります。

                  朝というのは、一日のうちでもっともスムーズな排便が期待できる時間帯なのです。

                  まず朝に目がさめて、お味噌汁やパンの焼ける匂いなどオイシイ香りを嗅覚が感知すると、神経が刺激されて唾液や胃液が分泌されるようになります。

                  食べ物を消化吸収するための準備が整い始めるのです。

                  次にベッドから起きると、起立性大腸反射の働きによって腸が活動を開始します。

                  そして、大事なのは朝食です。

                  胃に何かの食べものや飲み物が入ると、胃・大腸反射によって腸がぜん動運動をして内容物を送り出そうとするのです。

                  そして、腸に入っている内容物が直腸まで達すると、今度は直腸・結腸反射によって便意を感じるようになります。

                  そして、肛門括約筋がゆるくなって、トイレに座ると自然と便が排出されるというわけです。

                  このように朝の一連の体の反応はお通じをスムーズに行なうために、絶妙な連係プレーを行なっているというわけです。

                  ですから、朝きちんと朝食をとることや便意を我慢せずにトイレに座ることが便意を取り戻すのにとても効果があるというわけです。




                  便秘の基本 | 18:34 | author : nakatada
                  comments(0) | - | - |
                  便秘薬の副作用
                  0
                     市販の便秘薬のほとんどはアントラキノン系下剤というタイプの下剤です。

                    ほぼ7割ぐらいは、このアントラキノン系下剤が占めていると言われています。

                    この下剤は大腸刺激性下剤の一種であり、大腸を刺激することで排便を促進しようとするものです。

                    アロエやセンナ、大黄などが成分として含まれています。

                    アントラキノン系下剤は、とても即効性があり便を出すために強力な力を発揮しますが、問題点もあります。

                    常習的に使い続けていると腸が刺激に慣れてしまって薬が効かなくなり、量がどんどん増えていくことです。

                    さらに長期的に使い続けると大腸メラノーシス、別名大腸黒皮症といって、大腸の粘膜が黒ずんで大腸そのものの機能が大きく損なわれることです。

                    この大腸メラノーシスですが、だいたい4ヶ月ぐらい毎日アントラキノン系下剤を摂取すると生じるといわれています。

                    この色素沈着は自覚症状はありませんが、腸管の神経に影響し、大腸が伸びたゴムホースのような状態になるそうです。

                    大腸メラノーシスになった部分は腸が動きませんから、ますます便秘は悪化し、自然の排便力を取り戻すのは難しくなります。

                    便秘薬を使うときは、腸のリハビリとあわせて行なわないと、このような害が生じますので気をつけましょう。

                    また便秘にはオリゴ糖など自然な方法で解消してくれる健康食品も最大限に活用するとよいと思います。

                    便秘の怖さ | 14:57 | author : nakatada
                    comments(0) | - | - |
                    乳児の便で食べ物がその出てくるのは?
                    0
                       乳児の出したウンチに離乳食やおやつで食べたものがそのまま出たようなときは、原因は簡単なことです。

                      それは食べたものを消化しきれなかったということです。

                      このようなときはお母さんはどんなことに注意が必要でしょうか?

                      調理方法に注意してみることができます。

                      離乳食の期間は初期・中期・後期と進み具合に応じて分かれますが、離乳食の初期は食材を細かくくだいたり、よく煮てからドロドロにすりつぶすようにします。

                      中期は舌でつぶせるぐらいのかたさです。

                      後期になると歯茎でつぶせるぐらいのかたさというように、進み具合に応じて離乳食のかたさを調整できているかどうかをチェックしてみましょう。

                      また調理方法には問題がなく、風邪などの病気によって消化能力が低下しているということも考えられます。

                      さらには、食べ物自体がいたんでいたり、ばい菌がついていたのかもしれません。

                      そのような時は腸が悪いものを早く体の外に出そうとして下痢の便を出すのです。

                      この下痢便に消化されていない食物が混ざっているということがあるようです。

                      乳児の便は健康状態を表わす鏡であり、乳児の便秘が母乳の質によって起きる事があるようですからよく観察しましょう。


                      子供の便秘 | 18:34 | author : nakatada
                      comments(0) | - | - |
                      薬で便秘を解消するということ
                      0
                         便秘薬とは結構昔から使われていたようで、西暦前1552年ごろの古代エジプトの書物の中では既に便秘薬に関して述べた記録が存在するようです。

                        また中国では「ダイオウ」という現代でも使われている漢方の下剤について後漢時代の書の中で触れられているそうです。

                        人類はかなり昔から便秘に悩んでいたんですね。

                        しかし、現代のほうが確実に便秘に悩む人が多く、その程度も重いといえます。

                        社会が便利になる一方で、運動不足になったり、世の中の変化のスピードが激しいのでストレスをかかえる人が一層多くなりました。

                        これらは便秘の要因としてかなり大きな位置を占めています。

                        そこで、即効的な便秘解消法として便秘薬を使うという方法がありますが、これも注意が必要です。

                        下剤を続けて使用したり、常習してしまうと体内のカリウムイオンが奪われていくそうです。

                        その結果どうなるかというとからだの筋力は低下していきます。

                        筋力の低下は排便するためにも大きな障害となり、腸が便を送り出すぜいどう運動にも影響します。

                        このように筋力の低下により便秘になるタイプを弛緩性便秘といいます。

                        女性や高齢者など比較的筋力の弱い人々に多い便秘です。

                        筋力が弱いためにぽっこりお腹になることもあります。

                        便秘薬に頼りすぎるのではなく、筋力をつけるなど自然な方法で便秘を解消することが大切です。


                        便秘の怖さ | 12:01 | author : nakatada
                        comments(0) | - | - |
                         
                        CALENDAR
                         
                        SMTWTFS
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>
                        PR
                         
                         
                        RECOMMEND
                         
                         
                        NEW ENTRIES
                         
                         
                        CATEGORIES
                         
                         
                        ARCHIVES
                         
                         
                        MOBILE
                         
                        qrcode
                         
                        PROFILE
                         
                         
                        PAGETOP