つらい便秘をスッキリと解消するコツを掲載。毎日を腸元気に過ごすための健康情報ブログです。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | author : スポンサードリンク
    - | - | - |
    果物で便秘を解消
    0
       果物は昔から便秘にいい食品といわれてきました。

      その理由として4つの点があげられます。

      1.食物繊維を多く含んでいるため便の量が増えてやわらかさも保たれます。
      2.水分を多く含んでいるので水分補給の効果があります。
      3.果物に豊富に含まれる有機酸には、腸を刺激してぜん動運動を活発にする作用があります。ぜん動運動が活発になることで腸の内容物は出口へと送り出されていきます。
      4.果物に含まれる果糖は、大腸に刺激を与えて便通をよくする働きがあります。また水分を引き込む作用があるため便がやわらかくなります。

      リンゴは便秘にも効果がありますが、便を固める効果もあり、下痢にもいいそうです。

      赤ちゃんが便秘のときなどは、柑橘系の果物の果実や果汁を与えることが多いようです。ただし、まだ果物など与えられない新生児の場合は、白湯で水分を補給する程度にとどめておきましょう。新生児の便秘で白湯を与えることについて

      またプルーンのエキスやジュースなども便秘解消のために飲む人が多いようです。

      ただ果物も糖分が含まれていますから、便秘にいいからといって食べ過ぎると今度は肥満になってしまうこともあります。

      便秘のときも果物だけで改善しようとするのではなく、食事とあわせて栄養バランスを考えながら摂取することが大切のようです。

      野菜タップリの料理を食べた後のデザートとして果物を食べたり、朝食でフルーツヨーグルトにして食べるなどはお勧めです。
      便秘の基本 | 06:33 | author : nakatada
      comments(0) | - | - |
      どうもスッキリしないのはなぜ?
      0
         昔から健康の3つの柱として、快食・快眠・快便といわれますが、便秘ではないけど快便でもない、排便してもどうもスッキリしないと感じる人も多いようです。

        実はこのような状態は便秘の一種である疑いがあります。

        特に直腸性便秘という便秘のタイプでは、肛門の近くの直腸という部分に便がたまりやすくなり、しかも長くとどまるので水分が吸収されて硬くなってしまいます。

        そのために出口まで来ているのに出にくく、スッキリと完全に出てしまわないために何だか残便感があるという状態になってしまうのです。

        ですから、便が出れば便秘ではないのかというとそうではなく、「スッキリと完全に便が出ているかどうか」という点も考える必要があります。

        スッキリできていない、つまり快便でないとしたら、やはり健康面で改善の余地があるかもしれません。

        直腸性便秘は便意を我慢することで起きる事が多いようです。

        便意という排便のシグナルと実際の排便のタイミングにズレが生じているために、直腸に便が不自然なかたちでたまってしまうのです。

        例えば、朝自宅で便意を感じたものの時間がないので我慢して通勤し、昼ごろになって会社のトイレに駆け込むというようなことが続くと、便が完全に出きらないということが生じるかもしれません。

        朝少し早く起床するなどしてトイレを我慢しないでよい生活習慣をつくりましょう。

         



        便秘の基本 | 09:07 | author : nakatada
        comments(0) | - | - |
        便秘になる人とならない人の違い
        0
           便秘になる人‥ならない人‥その違いってなんなんでしょうね。

          便秘の原因になるもの‥いろいろあると思いますが、では逆に便秘にならないために必要なものっていったい何なのでしょうか?

          それこそ、いろいろあると思いますが、3つだけ考えましょう。

          便秘にならないために必要なもの…それは水分です。

          口から入った食べ物が、ウンチとなって出てくるまでには、栄養素とともにかなりの水分も、吸収されてしまうからです。

          くわえて、大腸に(必要以上に)長時間とどまったウンチは、どんどん固くなっていきます。

          ですから、水分をたっぷり摂ることを心がけましょう。

          便秘にならないために必要なもの…それは食物繊維です。

          食物繊維は、消化吸収されない成分のため、そのまま大腸に送られて、ウンチの材料になります。

          食物繊維は、吸水、保水能力にすぐれていますので、水分をたっぷり吸収してふくらみ、ウンチをやわらかくし、量を増やしてくれます。

          ウンチの量が増えると、大腸が刺激されて、ウンチが出やすくなります。

          便秘にならないために必要なもの…それは適度な運動です。

          運動を全くしないのに、すこぶる調子がいいと言う人は、あまりいないはずです。

          運動をしないと、体力が低下し、血液の循環や新陳代謝も鈍くなります。

          当然、ウンチを移動させる役目をする、腸のぜんどう運動も起きにくくなります。

          また、腹筋が弱くなると、便を押し出す力も弱くなって、ウンチをだしてあげられなくなってしまいます。

          まいにちの生活ですこしだけ意識して、これら3つのものをとり入れていけば、便秘の悩みから解消される日は、そう遠くないかもしれませんよ。


          便秘の基本 | 18:13 | author : nakatada
          comments(0) | - | - |
          便秘のときにカップラーメンやコーラはいいのか
          0
             妊娠で便秘になっているときは、食事に気をつけなければいけないというのはよく分かっていることですが、ついつい簡単に済ませたり、食べたいものを食べしまいがちです。

            では、カップラーメンや炭酸飲料などはやはり便秘にはよくないのでしょうか?

            まずカップラーメンやその他のインスタント系の食品ですが、問題は食物繊維がほとんど含まれていないことにあります。

            成分のほとんどは糖類とデンプンですから、ビタミンも食物繊維も必要量を不足しており、このようなものばかりを食べていると明らかに便秘は悪化します。

            コンビニなどでよく買い物をするために、インスタント食品が多くなりがちの場合は、それらと一緒に出来合いの惣菜で野菜の多く含まれたものをあわせて買うとよいでしょう。

            インスタント食品だけを食べるよりも、それに少しの手を加えるだけでもかなり違ってきます。

            カップラーメンには乾燥ワカメや缶詰のコーンをのせたりすることもできます。

            一方、コーラなどの炭酸飲料ですが、これらについては逆に便秘改善に役立つ場合があります。

            炭酸飲料の冷たさと炭酸ガスが胃を刺激するので、胃・大腸反射という作用を促し、腸のぜん動運動が活発になることがあるのです。

            しかし、やはり飲みすぎはよくありません。

            食事があまり食べられなくなり、便のもととなるものが不足したり、糖分のとりすぎで栄養バランスも悪くなります。

            ここぞという時に活用するとよいのではないでしょうか。



            便秘の基本 | 17:20 | author : nakatada
            comments(0) | - | - |
            便意を取り戻す方法
            0
               便意を我慢しているとだんだんと便意を感じにくくなってしまいます。

              その結果、直腸性便秘といって便がたまって便秘になってしまうのです。

              便意を感じにくくなっている時に、それを取り戻すカギは朝の習慣にあります。

              朝というのは、一日のうちでもっともスムーズな排便が期待できる時間帯なのです。

              まず朝に目がさめて、お味噌汁やパンの焼ける匂いなどオイシイ香りを嗅覚が感知すると、神経が刺激されて唾液や胃液が分泌されるようになります。

              食べ物を消化吸収するための準備が整い始めるのです。

              次にベッドから起きると、起立性大腸反射の働きによって腸が活動を開始します。

              そして、大事なのは朝食です。

              胃に何かの食べものや飲み物が入ると、胃・大腸反射によって腸がぜん動運動をして内容物を送り出そうとするのです。

              そして、腸に入っている内容物が直腸まで達すると、今度は直腸・結腸反射によって便意を感じるようになります。

              そして、肛門括約筋がゆるくなって、トイレに座ると自然と便が排出されるというわけです。

              このように朝の一連の体の反応はお通じをスムーズに行なうために、絶妙な連係プレーを行なっているというわけです。

              ですから、朝きちんと朝食をとることや便意を我慢せずにトイレに座ることが便意を取り戻すのにとても効果があるというわけです。




              便秘の基本 | 18:34 | author : nakatada
              comments(0) | - | - |
               
              CALENDAR
               
              SMTWTFS
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << June 2017 >>
              PR
               
               
              RECOMMEND
               
               
              NEW ENTRIES
               
               
              CATEGORIES
               
               
              ARCHIVES
               
               
              MOBILE
               
              qrcode
               
              PROFILE
               
               
              PAGETOP